九星って何?

九星とは、人間の運勢や吉凶の判断に用いられる9つの星です。
しかし、二十八宿や十二直と違い、実際の天体ではありません。

ゾウガメの甲羅の幾何学模様のアップ
Photo by Pixabay

九星は古代中国の神話、河図(かと)と洛書(らくしょ)から始まり、のちに易の八卦に配当されました。
唐の時代の末に成立したと考えられています。

しかし、九星の占術は香港や台湾の現行暦にも記載されていない、日本独自のものです。

九星が暦に記載された歴史は新しく、明治以降に発行された運勢暦や開運暦のような暦本に「占い」として記載さています。

以来、占術家により独自の秘伝の解釈が施され、現代に至ります。

九星の占術を「気学」とも呼びます。

吉凶を見るには自分の九星を知ってから

九星は暦注の一つですが、六曜や十二直のような万人向けではなく、一人一人の吉凶を見るものです。
したがって、まずは自分の九星を知ることから始まります。

生まれ年の九星がその人の本命星(ほんめいしょう)です。

九星は立春から1年が始まる暦を用いているため、1月1日から節分の間に生まれた人の本命星は、前年のものになります。

一白水星(いっぱく すいせい)生まれ
大正7年
昭和2年、11年、20年、29年、38年、47年、56年
平成2年、11年、20年、29年
二黒土星(じこく どせい)生まれ
大正6年
大正15年・昭和元年、10年、19年、28年、37年、46年、55年
平成元年、10年、19年、28年
三碧木星(さんぺき もくせい)生まれ
大正5年、14年
昭和9年、18年、27年、36年、45年、54年、63年
平成9年、18年、27年
四緑木星(しろく もくせい)生まれ
大正4年、13年
昭和8年、17年、26年、35年、44年、53年、62年
平成8年、17年、26年
五黄土星(ごおう どせい)生まれ
大正3年、12年
昭和7年、16年、25年、34年、43年、52年、61年
平成7年、16年、25年
六白金星(ろっぱく きんせい)生まれ
大正2年、11年
昭和6年、15年、24年、33年、42年、51年、60年
平成6年、15年、24年
七赤金星(しちせき きんせい)生まれ
大正元年、10年
昭和5年、14年、23年、32年、41年、50年、59年
平成5年、14年、23年
八白土星(はっぱく どせい)生まれ
明治44年
大正9年
昭和4年、13年、22年、31年、40年、49年、58年
平成4年、13年、22年、31年
九紫火星(きゅうし かせい)生まれ
大正8年
昭和3年、12年、21年、30年、39年、48年、57年
平成3年、12年、21年、30年

方位除け

自分の本命星が八角形の「方位吉凶図」の中央に入った年を、「八方塞がり」といいます。

また、南に入った年を「五黄殺」、北に入った年を「暗剣殺」といいます。

北東は「表鬼門」、南西は「裏鬼門」で、これらもまた良くない年とされます。

このそれぞれ忌むべき方位に自分の本命星が入ると、神社や寺院で厄払いの祈祷を受ける風習があります。