5月10日~5月16日

野鳥を愛する週間。

5羽の巣立ち間近なツバメの雛
Photo by 写真素材 足成

鳥類に関する正しい知識を広め、その保護と愛護の精神を広めるために行なわれています。

アメリカでは毎年4月10日に「植樹祭」が行なわれていましたが、一緒に小鳥を守ろうと明治27年(1894年)に「バード・デー」に改まりました。

日本でも昭和22年(1947年)に4月10日を「バード・デー」としましたが、まだ冬鳥が多い時期だったため、1ヶ月ずらしました。

また周知期間を増やすために、昭和25年(1950年)から5月10日から16日までを「愛鳥週間」にしました。

愛鳥週間の普及・宣伝のため、毎年全国の小・中・高校の児童・生徒を対象にして、ポスターのコンクールが行なわれています。