結婚祝いに品物を贈ってもいいよね?

結婚祝いとして現金を贈るのが一般的になっていますが、当然品物を贈っても構いません。

小さな赤いハート型のル・クルーゼ
Photo by 写真AC

相手の好みに合ったものをうまく選んで贈れば、一生ものになる可能性もあります。

何を贈ればいいの?

親しい間柄なら、直接欲しい物をメーカーや販売店名まで具体的に指定してもらうのが確実です。

予算があるなら、それも伝えます。

1人1人が銘々で贈り物を選ぶと、重なってしまうおそれがあります。

グループ連名での贈り物として、自分ではなかなか買えない高額なものを贈るのもいいでしょう。

いつ贈ればいいの?

現金の場合と同じく、婚約が整ってから挙式1週間前までに届くようにします。

デパートや販売店から直接送るのが一般的ですが、持参するなら吉日の午前中から午後2~3時までにします。

くれぐれも、結婚式当日に受付に持ち込んだりしないように。

もしも大型のものなら、前もって目録を届けるか、手紙で贈り物を知らせたうえで、新居に届けます。

贈ってはダメなものってあるの?

包丁やはさみなどの刃物類、陶器やガラス食器などは、「切れる」「割れる」「壊れる」といって避けられてきました。
ハンカチは「別れの涙」を想像するので不可、黒い色の服も喪服を想像させるので不可、などともいわれます。

しかし、どれも本人からのリクエストであれば、まったく問題がありません。

また、食器などをセットで贈る場合、4個とか9個などは「死」「苦」を連想させるので、これも避けられてきました。

奇数の1、3、5、7は割れないので吉。偶数の2は「夫婦茶碗」の「ペア」なので吉。8も末広がりなので吉です。
1ダース(12)や半ダース(6)も偶数ですが、これは気にされません。

本人は気にしなくても、身内に気にする方がいるかもしれないことを想定して、数を考慮するのもマナーのうちのひとつです。

もらって嬉しいものは?

「みんなのウェディング」によると、もらって嬉しかった結婚祝いの品物は

  1. キッチン用品(高額な鍋など)
  2. ティーカップ、グラス(高額なグラスなど)
  3. 現金、商品券(いくらあっても困らない!)
  4. 家電(空気清浄機、ルンバ、コーヒーメーカーなど)
  5. 食品(高級食材、ご当地ものなど)

だそうです。

あれば嬉しいけど、なかなか自分では買えないものが喜ばれるようです。

では、もらって困ったものは?

「みんなのウェディング」によると、もらって困った結婚祝いの品物は

  1. 食器(高くても好みに合わないものはつらい……)
  2. インテリア類(同上)
  3. 石けん、タオル類(意外と好みが分かれるもの)
  4. すでに持っている物(自分で買ってしまった物はとくに……)
  5. 結婚祝い品らしくない物(好みに合っていても、それとこれとは違うようで)

だそうです。

好みに合いすぎても、合わなさすぎても困るようです。
やはり、直接欲しい物を指定してもらえなければ、現金や商品券にしておく方が無難なようです。