12月28日
官公庁などで年内の業務を締めくくる日のことです。

馬場先濠越しの丸の内オフィス街
Photo by 街画ガイド

「仕事納め」ともいいます。

「行政機関の休日に関する法律」により、官公庁の年末年始の休日は12月29日から翌年の1月3日までと定められています。
1月4日を御用始めといいます。

28日が土・日曜日に当たる年は、前倒しになります。
平成29年(2017年)の12月28日は木曜日なので、この日が御用納めです。

一般の事業所でもこれに準じていて、年末年始休暇の日が定められています。

「御用」と言う言葉は、もともと宮中や幕府などの「お上の御用」から始まっています。
そこで、NHKのニュースなどでは御用納めとは言わず、親しみやすい言葉として仕事納めと言い、民間でもそちらの言葉を使うようになりました。