12月10日
昭和25年(1950年)の第5回国際連合総会にて、毎年12月10日に世界人権宣言採択の記念行事を行うことが決議されました。

human rights(人権)の文字を虫眼鏡で拡大している
illustration by Pixabay

世界人権宣言とは、すべての人民とすべての国家が達成すべき基本的人権の宣言で、昭和23年(1948年)12月10日の第3回国際連合総会において採択されました。

すべての人間は、生まれながらにして自由であり、かつ、尊厳と権利とについて平等である。
人間は、理性と良心とを授けられており、互いに同胞の精神をもって行動しなければならない。
「世界人権宣言 第一条」 世界人権宣言公式サイト

日本では法務省と全国人権擁護委員連合会が主体となって、世界人権宣言の主旨や必要性を啓発し、人権尊重思想の高揚をはかるためにシンポジウムや電話相談などが行なわれています。

この日を含む1週間(12月4日から10日まで)を「人権週間」としています。

平成29年(2017年)の第69回人権週間は、「みんなで築こう 人権の世紀 ~考えよう 相手の気持ち 未来へつなげよう 違いを認め合う心~」がスローガンです。