耳の日とは

3月3日
コミュニケーション器官としての耳の重要さの認識と、難聴や聴覚に障害のある人への理解を深めるため、昭和31年(1956年)に日本耳鼻咽喉科学会が制定しました。

耳鼻科医に耳の検診を受けている男の子
clipart by illpop.com

弘化4年(1847年)のこの日は、世界初の実用的電話の発明者で、聴覚障害者児の教育にたずさわったアレクサンダー・グラハム・ベルの誕生日です。

耳の構造

耳は、耳の穴から脳神経までの間を3つに分けます。

耳介から鼓膜までを「外耳」といいます。
「中耳」は鼓膜から、鼻の奥へつながっている耳管・音の振動を増福させる耳小骨までです。
「内耳」は、音を信号に変換して神経に送る蝸牛と、平衡器官である三半規管や耳石器からなります。

伝音難聴

外耳・中耳に障害が起きたために、音が小さく聞こえるのが「伝音難聴」です。
これは主に、慢性中耳炎で鼓膜に穴が開いていたり、滲出性中耳炎で中耳に液体(滲出液)がたまるなどすると起こります。
伝音性難聴の多くは、治療によって聞こえを回復させることができます。

感音難聴

内耳の蝸牛に障害が起きたために、音が聞こえない・音がひずむのが「内耳性難聴」です。
内耳より奥、脳へつながる神経に障害が起きたために、音は聞こえるけれど言葉が聞き取れない症状があるのが「後迷路性難聴」です。
この二つを合わせて「感音難聴」といいます。
これには加齢によって起こる老人性難聴や、急性音響性難聴(ヘッドホン難聴)などがあります。

感音難聴のうち、急に悪くなった急性難聴や突発性難聴など治せるものがありますが、徐々に悪くなった老人性難聴や先天性の感音難聴は治癒は不可能とされています。

しかし、補聴器によって聴覚の改善が認められない人も、人工内耳を手術によって装用して訓練すると、補聴器を使うのと同じように音を聞くことができます。