1月16日
新年になって、初めて念仏を唱える日。

花、ろうそくなどが供えられている仏壇
illustration by イラストAC / acworks

後生始め・仏の正月・仏の口明け・鉦起こしともいいます。

前日の15日に年神さまは左義長(とんど)の火にのって帰ってしまっているので、この日から仏壇の扉を開け、仏さまをお祀りできます。
この日に、その年初めての墓参りをしたり、仏壇に餅などを供えて先祖供養をする風習のある地域もあります。

12月16日の「念仏の口止め」と対を成しています。