成人した人には、身近な人たちでお祝いしてあげるのが一般的です。

たとえば、家族で外食したり、祝い膳を準備したりします。

ビールジョッキを持つ男女新成人
illustration by いらすとや

成人祝、何を贈ろうか?

両親からは、成人式に出席するときに着て行く服を贈るのが一般的です。

親戚や親しい人からの贈り物は、大人が身に付けるのにふさわしい上質なものを選びます。

男性ではネクタイ、カフリンクス(カフスボタン)、ベルト、時計、名刺入れなど。

女性はスカーフ、アクセサリー、バッグ、時計、革小物など。

あるいは、ギフト券や現金が贈られたりします。

また、大人の仲間入りということでフルコースのディナーの会食や、オペラや歌舞伎公演のチケット、生まれた年のワインなども印象深い贈り物になるかもしれません。

祝儀袋
紅白の蝶結びの水引、熨斗付き。
表書きは「御祝」「祝御成人」「御成人御祝」
「祝成人式」「成人おめでとう」など。
金額の目安は1万円。

成人祝をいただいたけどお返しは?

いただいた場合、基本的に身内の人にはお返しの必要はありません。

成人した本人がお礼状を出すか、大切な人であれば訪問して挨拶をします。

身内以外の人には「内祝」として、紅白まんじゅうなどの和菓子や、先方の好みの食べ物などにします。

かけ紙(のし紙)
紅白の蝶結びの水引、熨斗付き。
表書きは「内祝」「成人内祝」「成人記念」
「御礼」など。
名入れは新成人の姓名。