万国郵便連合とは

2月19日
明治10年(1877年)のこの日、日本は万国郵便連合(Universal Postal Union)に加盟しました。

ドイツ語で航空便と書かれた国際郵便用封筒
Photo by Pixabay

独立国として23番目、アジアでは初の加盟国でした。

第2次大戦中、日本の外国郵便業務は制約を受けましたが、昭和32年(1957年)から郵便業務理事会の理事国を勤めています。

万国郵便連合は明治7年(1874年)10月9日、国際郵便条約(ベルヌ条約)によって設立されました。
昭和23年(1948年)7月1日に発効した国連との協定に基づき、国連の専門機関となりました。

世界の国々を結ぶ普遍的な郵便サービスを促進し、最新の郵便製品やサービスを提供して郵便物の増加をはかり、利用者のための郵便サービスの質を改善させることを目的にしています。

また、郵便業務のために紛争の調停をはかり、技術援助を提供しています。

日本から国際郵便を利用する


日本からの国際郵便の発送方法は4種類あります。

船便
船で輸送します
1~3ヶ月かかりますが、一番安価です。
エコノミー航空(SAL)便
日本国内と到着国内では船で輸送します。
両国間は航空便扱いです。
船便より速く(6~13日程度)、航空便より安いです。
印刷物、小型包装物、国際小包が利用できます。
航空便
飛行機で輸送します
3~6日程度で届きますが、一番高価です。
EMS(国際スピード郵便)
国際郵便の中で最優先で扱い、2~4日で到着します。
書類や30kgまでの荷物を送ることができます。
料金は900円から。

手紙を送る場合の手順

  1. 送り方を選ぶ
  2. 送れるかどうかを確認する…配達が遅れている国、配達できない国があります
  3. 料金・日数を確認する…保険付きや受け取り通知サービスなどがあります
  4. 包装する
  5. 必要書類を確認する…国・地域によっては書類を提出する必要があります

小包を送った場合、税関での検査を受けることになります。
どのような内容かは、国によって違います。