六曜とは

六曜(六輝(ろっき))は中国の六壬時課(りくじんじか)という時刻の占いを、日本風にアレンジしたものです。

六曜が記載されたカレンダー
Photo by 写真素材 足成

いわゆる「暦のお日柄」といえば、暦注の六曜を見ます。

六曜は鎌倉末期から室町時代にかけて、日本に伝来したと考えられます。
時刻占いである六壬時課と区別して、日の占いであることを表わすために、元禄・正徳年間(1688~1715年)に現在の順序に変わり、享和・文化年間(1801~1817年)に今の形に落ち着きました。

誰が日本風にしたのかはわかっていません。

当時は民間で発行される暦に雑多な占いの一つとして記載されていて、おもに勝負事や投機的なことに用いられていたようです。

明治6年(1873年)に太陽暦が採用されて、これまでの迷信的暦註が事実上廃止され、官暦に吉凶の暦註は載らなくなりました。

そこで、民間人のための「お化け暦(偽暦)」が出版され、ここに載ったのが最初です。
それにより、ごく一部の人しか知らなかった六曜が一気に知られるようになりました。

そして、第2次大戦後に大流行して、現在に至ります。

六曜の意味

先勝(せんかち せんがち せんしょう さきがち)
午前は吉、午後は凶、急いで吉
急用や訴訟などに用いて吉の日。ただし午後は凶
何事も早く、急いで行なうと良い
旧暦正月・七月朔日を当てはめる。
六壬時課では大安で、万事に吉、失せ物は遠からずとある
友引(ともびき ともひき ゆういん)
午前は利益無く、夕刻は吉
この日は正午のみ凶、朝夕は祝い事に用いて吉
何事も引き分けで、損得や勝負がはっきりしない日なので嫌われた
旧暦二月・八月朔日を当てはめる。
六壬時課では留連(りゅうれん)で、事成り難し、ゆっくりが良いとある
先負(せんまけ せんぶ せんぷ さきまけ)
平静を守って吉、午後は吉
この日は諸事控えめに静観が良い。午後は大吉
何事も控えめにして相手の出方を見ると良い
旧暦三月・九月朔日を当てはめる。
六壬時課では速喜(そっき)で、喜び事来る、旅行に吉とある
仏滅(ぶつめつ もつめつ)
吉凶なし
この日は何事をするのも忌み慎む方が良い日。
祝い事や法事は悪いが、葬儀はいいという
旧暦四月・十月朔日を当てはめる。
六壬時課では赤口で、災厄あり、旅行は凶とある
大安(たいあん だいあん)
吉日にて万事選んで良し

この日は何事をするのにも上吉の日
開店、旅行、受験、習い事を始めるのに良い日
旧暦五月・十一月朔日を当てはめる。
六壬時課では小吉(しょうきち)で、最も吉、万事上々とある
赤口(しゃっこう しゃっく せきこう じゃっこう しゃくくち せきぐち)
正午は吉、前後は大凶なり
新規事開始、その他何事をなすのも慎むべき日
刃物を持つ職業は注意
旧暦六月・十二月朔日を当てはめる。
六壬時課では空亡(くうぼう)で、事は進展せず、財を求めても利益なしとある

六曜は迷信! でも……

六曜は中国の時刻占いを、江戸時代の人々がいろいろと解釈や呼び名をおもしろおかしく変えたものです。

民間暦に載せられたのも娯楽の要素が強く、雑節のような農耕や生活に関わる情報ではありませんでした。

仏滅は「物滅」と呼ばれたこともあり、たんなる最悪の日というだけで、仏さまが亡くなった日ではありません。
また、友引は「相打ちになって共引きとして、勝負なしとする」日で、友だちを引く日ではありません。

仏滅の日に休業したり大幅割引をする結婚式場業者や、友引に休業する葬儀業者や火葬場がありますが、全くの迷信です。

しかし、江戸時代以降今日まで、六曜と日本人は関わりのある生活を送っています。

お祝い事や弔事の日取りを決めるのに、当事者は気にしていなくても、身近に気にする人がいるかもしれません。
そのときには気にしていなくても、時間が経ってから良くない事に遭うと、「忠告に従っておけば」と気に病んでしまうかもしれません。

迷信だからとすべてを否定するのではなく、合わせるところでは合わせるのが「大人のマナー」ではないでしょうか。