子どもの成長

必勝合格だるまと矢が的に的中して桜咲く

合格祈願をしようかな? 何をすればいいの

第1志望に通りたい、仲良しと一緒の学校に行きたい、希望通りの資格が欲しい、など強い動機をもって受験勉強をしていても、だんだんと弱気になってきたり、不安になってしまうことがあります。

子どもの成長

十三参りのロゴ。着物を着た男の子と女の子が笑顔でいるイラスト

十三参りってご存じですか?

関西に住んでいらっしゃる方は、「数え年13歳の女の子が着物を着て嵐山のお寺をお参りして、帰りに渡月橋で振り返ってはいけない行事」というイメージがあるかと思います。

じつは十三参りは男 ...

子どもの成長

Thumbnail of post image 118

七五三 お参りはいつ?

七五三は、男の子は数え3歳と5歳、女の子は数え3歳と7歳の年齢の11月15日に、神社やお寺にお参りして成長したことを感謝し、これからの幸福を祈るしきたりです。

男の子は数え5歳だけで、女の子

子どもの成長

在校生の花のゲートをくぐる新入学生のイラスト

入園・入学祝いをするのは、どこまで?

子どもがこれから新しい集団生活を始める第一歩の、入園・入学をお祝いするしきたりがあります。

儀礼的なものではないので、祖父母・両親のきょうだい・親戚など日頃親しくしている人で祝

子どもの成長

Thumbnail of post image 007

初節句って何?

子どもが産まれて初めて迎える節句のこと。

節句はもともと「節供」と書き、「節」は1年のうちの特定の日のこと、「供」は神さまに供えた食べもののことです。
すなわち、節供は1年のうちの決められた

子どもの成長

Thumbnail of post image 099

初誕生って何?

子どもの満1歳を祝う儀式です。

元日に1つ年齢が増える数え年を用いていた時代、誕生日を祝う習慣はありませんでした。

しかし、生まれて初めての子どもの誕生日だけは、特別に餅をついて親戚や近

子どもの成長

Thumbnail of post image 024

お食い初めとは

生後100日目もしくは120日目に赤ちゃんを初めて膳につかせて、順調な成長と自立を祈り、一生食べることに困らないようにとの願いを込めた儀式です。

「百日(ももか)の祝い」「箸揃え(はしそろえ)」「箸

子どもの成長

Thumbnail of post image 079

お宮参りとは

子どもが産まれて、初めて神社(産土神)にお参りするのが「お宮参り」です。

「初宮参り」「初宮詣」「産明け(うぶあけ)」「産土(うぶづな)参り」「産土詣」「産神詣」など地方によってさまざまな呼び名があり

子どもの成長

Thumbnail of post image 054

お七夜とは

赤ちゃんが産まれて7日目に神前や仏前に命名書を貼って、子どもの名前を披露する命名式のことです。

この日のお祝いのことを「産養い(うぶやしない)」といいます。

なぜ7日目かというと、赤ちゃんは

子どもの成長

Thumbnail of post image 003

出産祝い、いつ贈ればいいの?

産後3週間から1ヶ月以内に贈ります。

病院へお祝いに駆けつけるのは家族以外の人は避け、退院を待ってからにします。
もしもすぐにお祝いをしたい場合は、祝電や手紙などにします。

子どもの成長

Thumbnail of post image 125

帯祝いとは

帯祝いとは妊娠5ヶ月目の戌の日に、妊婦がさらしの腹帯(岩田帯)を巻く儀式です。

これは赤ちゃんが人間社会で認知される儀式の第1番目です。

なぜ戌の日かというと、犬が安産で多産であることと、犬