お中元とは

日頃お世話になっている人に対し、夏の挨拶をかねて品物を贈ることをお中元といいます。

お中元の熨斗のかかった箱と冷茶

中元とは、中国から伝わった正月十五日を「上元」、七月十五日を「中元」、十月十五日を「下元」とする「三元」によるものです。これら三元の日には、神さまに供え物をして、お祝いをしました。

この習慣が日本に入ると、中元の時期はちょうど盂蘭盆会の時期に重なるため、祖先を供養し、両親に食べものを贈りました。
それが転じて、上司やお世話になった人に品物を贈り、日頃の厚情に感謝するようになりました。

三元のうち、上元と下元は日本では早くに廃れてしまいました。

お中元を贈る時期は?

お中元を贈る時期は、首都圏では6月下旬から7月15日頃までが一般的です。
関西圏などでは7月上旬から8月15日(旧盆)までです。

この時期を過ぎるとお中元ではなくなり「暑中御見舞」に、立秋を過ぎると「残暑御見舞」に変わります。

もしも年に1回だけ贈るなら、お歳暮だけにします。
年2回なら、お中元の方の金額を軽くします。

先方が喪中でも贈って差し支えありませんが、お中元期間中に忌明けするなら、それを待ってからの方がよいです。

品物は、盛夏の時期でもあり、涼感を呼ぶような食品・消耗品・実用品などにします。

お中元の包み

熨斗紙
水引 紅白の蝶結び
熨斗 あり
表書き 「お中元」
金額 親・親族、友人・知人 3000円、
上司やお世話になった人 5000円

お中元のお返し

基本的にお返しは不要で、お礼状のみです。
しかし、目上の方からいただいた場合は、同額のものを贈ります(同じものを贈らないように)。