7月16日
初めての駅弁は宇都宮駅で明治18年(1885年)のこの日、旅館白木屋の経営者の斎藤嘉平が発売しました。

東京駅の弁当売り場
Photo by 写真AC

梅干しを入れて黒ごまをまぶしたにぎり飯2個に、たくあん2切れを添えて竹の皮で包んだものでした。
しかし5銭だったので高いと不評でした。

最初の幕の内弁当(折詰弁当)は、明治22年(1889年)に姫路駅で発売されたといわれます。
白米飯に、肉・魚・かまぼこ・伊達巻・きんとん・漬け物を経木の折りに詰めたものでした。

寿司弁当は明治23年(1890年)、一ノ関~盛岡間が開通したときに発売されました。

駅弁の車内販売は昭和10年(1935年)から始まり、幕の内が30銭、寿司が20銭でした。

昭和41年(1966年)に東京高島屋で開催された「お国自慢全国うまいもの有名駅弁大会」が大当たりし、駅弁ブームが始まりました。