もとは収穫の前祝い

8月1日
旧暦八月朔日のことで、略して八朔(はっさく)といいます。

古くは、農家でその年に取り入れた稲の穂などを、主家や知人などに贈って祝いました。
同時に、田の神さまに米、すなわち「田の実」の豊作祈願をして先にお祝いしました(予祝)。

この風習が商家にも伝わって、上下関係なく贈り物をし合う習慣が生まれました。

「田の実(たのみ)の節(せち)」「田実(たのむ)の祝い」と呼ばれました。

主人に祝詞を述べる行事に変遷

武家社会が発達すると、「君臣相頼む」の意にかけて、「田の実」が「頼み」に転じ、主従関係にある人や庇護してくれている人への贈答の習慣が生まれました。

江戸時代になると、徳川家康が天正18年8月朔日に江戸城に入ったため、重要な儀式の日になりました。
幕府は天皇に馬を献上し、家臣は登城して将軍に品物を献上しました。

農家では、「八朔の苦餅(にがもち)」といって、ぼたもちを食べて祝いました。

町家では赤飯を炊いて祝いました。

京都の花街の華やかな行事

現在では、京都の五花街でこの行事が続けられています。

芸妓さん舞妓さんたちが、お世話になっている芸事の師匠やお茶屋に挨拶に回ります。
この日は絽の黒紋付を着て、髪を「奴島田」に結った正装をします。

この行事が、お中元の本来のしきたりです。

八朔や黒紋付の京舞妓
浅井柾喜
八朔やいよいよこぞる竹の青
皆川盤水
八朔や文鳥の白手にのせて
鈴木美那子