歳事暦

気づいてみよう 日々のくらし

「年中行事のしきたり」の記事一覧

お歳暮

今年1年の感謝をこめて 1年の終わりに、お世話になった人に感謝して品物を贈ることを一般に「お歳暮」と呼びます。

事始め

事始めとは 12月13日。 「事」とは正月のことで、正月の準備を始める日です。

すす払い

すす払いとは 12月13日。 新年を迎えるために、1年間のすすを払って家の内外を掃き清め、大掃除する習わしのことです。

年の市

年の市とは 正月を迎えるための品々を揃えるため、年末に開かれた市のことです。 「歳の市」とも書き、「暮市」「節季市」ともいいます。

冬至(とうじ)

冬至は太陽が復活する日 二十四節気のうちの一つ。 新暦12月22日頃で、旧暦十一月(子の月)の中気です。

クリスマス

クリスマスとは 12月25日。 イエス・キリストの降誕を祝う祭り。 聖誕祭、キリスト降誕祭ともいいます。

御用納め

12月28日。 官公庁などで年内の業務を締めくくる日のことです。