立春前の節分は特別

節分は、立春・立夏・立秋・立冬の前日の季節が移り変わるときにそれぞれ置かれています。

鬼の面とやいかがしと枡に入った福豆

しかし一般的には、とくに立春の前日の、新暦2月3日か4日をさします。
旧暦では立春で年があらたまることから、冬の最後の日として大晦日のように重要視されているのです。

豆まきの始まりは大晦日の追儺

奈良時代に中国から、追儺(ついな)(鬼やらい)の行事が伝わりました。
宮中では、大晦日に鬼の面を付けた人を邪気に見立てて、弓を鳴らして追い払いました。
これが豆をまく習慣に変わり、江戸時代には庶民に広まりました。

季節の変わり目に鬼がやってきて、災厄をまき散らすと考えられていたため、鬼を払う行事が広まりました。
節分が暦の上での季節の変わり目なので、この日の行事になりました。

豆まきの手順

豆まきはもともと年男か、厄年の男性、どちらもいない場合は一家の主人か跡取りの息子が行なうものでしたが、現代では家族揃って豆をまきます。

手順

  1. 節分の前日に豆を枡か三宝に入れ、神棚に供えます
  2. 夕方、神棚から下ろして豆を炒ります
  3. 夜になったら玄関や窓を開け放ち、「鬼は外」と2回唱えながら豆をまきます
  4. 「福は内」と2回唱えながら、家の中に豆をまきます
  5. 巻き終わったら、福が出て行かないように、窓と戸をしっかり閉めます
  6. 1年の無事を祈って、年齢の数だけ豆を食べます

豆まきの後、年齢よりも1つ多い数の豆を食べると、無病息災で過ごせるといわれます。
これには、厄年の人の、1つ多く食べて厄年を早く通過したいという願いが込められているからです。

逆に、厄年の1歳手前の人は年齢と同じ数の豆を食べます。

やいかがし

豆をまく以外でも悪臭ととがったもので鬼を追い払おうという、「やいかがし」があります。
柊の枝に鰯の頭や豆がらを串刺しにしたもので、軒下や玄関先に立てておきます。

恵方巻

太巻を頬張りすぎている男性
photo by 写真素材ぱくたそ

恵方巻は、その年の吉方位(恵方)に向かって食べる太い巻き寿司のことです。
「招福巻」や「まるかぶり寿司」などの名前で売られています。

「恵方巻」とは関西に伝わる古い風習だそうで、その年の恵方に向かって、無病息災を願って無言で太巻を食べます。
節分の太巻丸かぶりは、江戸時代の大阪・滋賀・和歌山の一部にあったそうです。

昭和48年(1973年)は海苔が豊作で、時あたかもオイルショックによる物価高騰のおり、海苔の安さをPRしようと大阪海苔問屋協同組合が道頓堀の「くいだおれ」前で街頭販売していました。

その当時、寿司屋に海苔を卸す際に、丸かぶりのいわれを説明したチラシを一緒に配っていましたが、昭和52年(1977年)に「くいだおれ」前で丸かぶりイベントを催しました。

話し好きな大阪の人たちが黙って太巻を食べなくてはならないという制約がうけて、イベントは大盛況となりそれがマスコミに取り上げられ、「恵方巻」が広まりました。

これが全国に広まったのは、コンビニのチェーン展開の威力のおかげです。

平成元年(1989年)に広島のセブンイレブンが「恵方巻」の販売を始めたことに始まり、平成7年(1995年)には関西以西、平成10年(1998年)に全国で発売されるようになりました。

参照サイト