歳事暦

気づいてみよう 日々のくらし

「年中行事のしきたり」の記事一覧

台風の強い風雨に翻弄されて歩く男女

二百十日

二百十日とは 9月1日、2日頃。 雑節の一つ。 立春から数えて210日目の9月1日、2日頃を、二百十日といいます。

防災の日

関東大震災 9月1日。 大正12年(1923年)のこの日の午前11時58分に、関東大震災が発生しました。

二百二十日

9月11日頃。 雑節の一つ。 立春から数えて220日目の9月11日、12日頃を、二百二十日といいます。

中秋の名月

ちゅうしゅうの名月 旧暦八月十五日の満月を、中秋の名月とよびます。 新暦でだいたい9月から10月のいずれかの日です。

敬老の日

敬老の日の変遷 9月の第3月曜日。 「国民の祝日に関する法律」にて「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う。」と定められています。

空の日

9月20日。 航空関係省庁間協議において、昭和15年(1940年)に制定されました。

動物愛護週間

9月20日から26日。 動物の愛護と適正な飼養についての理解と関心を広めるために、日本動物愛護協会によって制定されました。

目の愛護デー

目の愛護デーとは 10月10日。 昭和31年(1956年)厚生省(現在の厚生労働省)が目の健康を守る日として制定しました。

体育の日

体育の日とは 10月の第2月曜日。 「国民の祝日に関する法律」にて「スポーツにしたしみ、健康な心身をつちかう。」と定められています。

十三夜

十三夜とは 十五夜(旧暦八月十五日)から約1ヶ月後の、旧暦九月十三日の夜の月をこう呼びます。 新暦ではだいたい10月から11月頃。

鉄道の日

鉄道の日とは 10月14日。 明治5年(1872年)の9月12日(現在の新暦に直すと10月14日)、日本で最初の鉄道が新橋(現在の汐留)~横浜(現在の桜木町)間で開通したことにちなみます。