1月

Thumbnail of post image 027

1月14日か15日に行われる火祭り。

地方によってとんど・どんど焼き・どんどん焼き・さいとう焼き・ぼっけんぎょう・オンベ焼き・三九郎焼きともよばれます。

九州では鬼火(おにび)・鬼火焚(おんびたき)と

1月

Thumbnail of post image 071

昔は1月の満月の日が元日だった

1月15日。
小正月とは旧暦の正月十五日を指します。

元日を大正月と呼ぶのに対して、十五日は小正月といいます。

旧暦(太陽太陰暦)では、1年の最初の満月の日、一月

1月

須佐神社の粥占い

1月15日。
この日の前後に、粥を用いた占いの粥占(かゆうら)が各地の神社で行われます。

この占いはその年の農作物の豊凶を見るのが主ですが、自然災害や世相も見る神社もあります。

粥占の方法は大

1月

飛行機からお父さん・お母さん・男の子が顔を出す

1月16日。
商家の奉公人や嫁などが、年に2度(1月16日と7月16日)に奉公先や嫁ぎ先から休暇をもらって、親元に帰ること。

現代、正月と盆に帰省するのはこの習慣の名残です。

この2日は閻魔王

1月

扉を閉じた洋風仏壇の写真

念仏の口開けって何?

1月16日。
新年になって、初めて念仏を唱える日のことです。

後生始め・仏の正月・仏の口明け・鉦起こしともいいます。

正月の神さま(年神さま)は念仏が嫌いなので、12月16

1月

Thumbnail of post image 144

阪神・淡路大震災(兵庫県南部地震)

1月17日。

平成7年(1995年)のこの日の午前5時46分に発生した阪神・淡路大震災によって、日本で災害時のボランティア活動が社会的に大きく見なおされ、「ボランティア元年」といわれました ...

1月

Thumbnail of post image 078

二十四節気のうちの一つ。
新暦1月20日頃で、旧暦十二月(丑の月)の中気です。

太陽が黄経300度の点を通過する時を指します。
二十四節気では冬の最後です。

小寒の日に寒の入りして16

1月

Thumbnail of post image 117

1月20日。
正月の行事の終わりになる日で、この日は祝い納めとして仕事を休み、物忌みに入る風習がありました。

武家には、具足に供えた餅を下ろして、手や槌で割って雑煮に入れて食べる「刃柄(はつか)祝い」とい

1月

トレーにのったごはんの給食。右から汁物、おかず、ご飯、牛乳のイラスト

1月24日から1月30日。

昭和21年(1946年)12月24日、太平洋戦争で一時中断されていた小学校の学校給食が、ララ(Licenced Agency for Relief of Asia アジア救済連盟)物資により試験 ...

1月

Thumbnail of post image 022

1月26日。
昭和24年(1949年)のこの日、奈良県の法隆寺金堂から発火し、壁画を焼失しました。

昭和29年(1954年)に法隆寺の修理事業が無事竣工したことを受け、文化財保護の精神をいっそう広めるため

1月

日の丸と日本列島のイラスト

国旗制定記念日とは

1月27日。
明治3年(1870年)1月27日、太政官布告の商船規則によって「日の丸」が国旗として制定されました。

これを記念して、一般社団法人 国旗協会が定めました。

日の

2月

豆を投げられて逃げるコミカルな鬼のイラスト

立春前の節分は特別

節分は、立春・立夏・立秋・立冬の前日の季節が移り変わるときにそれぞれ置かれています。

しかし一般的には、とくに立春の前日の、新暦2月3日か4日をさします。
旧暦では立春で年があらたまるこ

2月

満開のロウバイの花

立春とは

二十四節気のうちの一つ。
新暦2月4日頃(節分の翌日)で、旧暦正月(寅の月)の正節です。

太陽が黄経315度の点を通過する時を指します。

旧暦では、この日が1年の始まりの日とされました

2月

Thumbnail of post image 167

2月8日。
折れたり錆びたりして傷んだ針を供養して、技能の向上を祈る行事。

2月8日の事始めの日に行なうところが多いですが、12月8日の事納めに行なう地方もあります。

江戸時代初期、この日は女

2月

Thumbnail of post image 072

お稲荷さんのお祭り

2月最初の午の日のこと。

全国の稲荷神社の総本宮の、京都の伏見稲荷大社の神さまが背後の稲荷山に降臨されたのが、和銅4年(711年)の2月の午の日だったことにちなみます。

紀貫之の歌集