歳事暦

気づいてみよう 日々のくらし

「年中行事のしきたり」の記事一覧

小正月

昔は1月の満月の日が元日だった 1月15日。 小正月とは旧暦の正月十五日を指します。
須佐神社の粥占い

粥占神事

1月15日。 この日の前後に、粥を用いた占いの粥占(かゆうら)が各地の神社で行われます。
飛行機からお父さん・お母さん・男の子が顔を出す

薮入り

1月16日。 商家の奉公人や嫁などが、年に2度(1月16日と7月16日)に奉公先や嫁ぎ先から休暇をもらって、親元に帰ること。
扉を閉じた洋風仏壇の写真

念仏の口開け

念仏の口開けって何? 1月16日。 新年になって、初めて念仏を唱える日のことです。

防災とボランティアの日

阪神・淡路大震災(兵庫県南部地震) 1月17日。 平成7年(1995年)のこの日の午前5時46分に発生した阪神・淡路大震災によって、日本で災害時のボランティア活動が社会的に大きく見なおされ、「ボランティア元年」といわれま […]

二十日正月

1月20日。 正月の行事の終わりになる日で、この日は祝い納めとして仕事を休み、物忌みに入る風習がありました。

全国学校給食週間

1月24日から1月30日。 昭和21年(1946年)12月24日、第2次世界大戦で一時中断されていた小学校の学校給食が、ララ(Licenced Agency for Relief of Asia アジア救済連盟)物資によ […]

文化財防火デー

1月26日。 昭和24年(1949年)のこの日、奈良県の法隆寺金堂から発火し、壁画を焼失しました。

国旗制定記念日

国旗制定記念日とは 1月27日。 明治27年(1894年)1月27日、太政官布告の商船規則によって「日の丸」が国旗として制定されました。

節分

立春前の節分は特別 節分は、立春・立夏・立秋・立冬の前日の季節が移り変わるときにそれぞれ置かれています。

立春(りっしゅん)

二十四節気のうちの一つ。 新暦2月4日頃(節分の翌日)で、旧暦正月(寅の月)の正節です。

針供養

2月8日。 折れたり錆びたりして傷んだ針を供養して、技能の向上を祈る行事。

初午

お稲荷さんのお祭り 2月最初の午の日のこと。